介護保険制度は平成12年4月から開始されています

  • 高齢者施設に就職をお考えの方へ

    • 介護保険制度がスタートして以来、公、民間問わず、高齢者施設がものすごい勢いで建設されています。
      それでも、もうじきに4人に1人が65歳以上となる我が国の現状では、特に都市部においてその受け入れ体制は不足していると言えるでしょう。



      アベノミクス効果以降、一部の大企業や輸出産業はその恩恵を得て業績も上がってきていますが、我が国全体の景気で見れば、正直今後の期待感は薄いと言わざるを得ないでしょう。



      これから新卒で就職する方、また、斜陽産業に見切りをつけ転職を考えている方に、今後絶対に失業の恐れのない業界が介護の業界であり、就職先として高齢者施設を選ばれることは、低いレベルながらも、この先必ず安定したものとなるでしょう。



      間違っても、一家の主たる方が訪問介護を選んではいけません、介護業界に就職するなら、必ず高齢者施設に就職すべきです。



      施設の方が全般的に仕事が楽で母体も安定していることが多いです。給与面では他の業界に比べ間違いなく低いレベルにありますが、今後はそれも徐々に改善されていくと思われます。



      なぜならば、数十年後には、日本の主要産業になっているからです。


      これは、人口の推移からして間違いありません。



      そして、比較的歳を取ってからでも、介護の業界なら求人や実際の需要もあります。言えば、誰でも出来る仕事なのです。



      一部の力仕事は若い職員や機械の力を借り、中年層以上はこれまでの人生経験や、利用者と歳が近いことでなせる様々な仕事をすればよいのです。



  • 関連リンク

    • 高齢社会の進展につれて、高年齢者や要介護者を対象にした介護施設や高齢者住宅が急増してまいりました。一口に高齢者施設と言っても、その種類は多岐にわたっています。...

    • 高齢化が急速に進む中、高齢者施設は急増しており高齢者福祉に関するサービスは増えています。とりわけ自宅での介護が難しくなったり、一人での生活に不安を感じる人が増加し入居型の高齢者福祉サービスも急速に増えており、特別養護老人ホーム、グループホーム、介護老人保健施設、有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅などその種類も様々です。...