介護保険制度は平成12年4月から開始されています

  • 自分にあった高齢者施設を選ぶ方法

    • 高齢化が急速に進む中、高齢者施設は急増しており高齢者福祉に関するサービスは増えています。



      とりわけ自宅での介護が難しくなったり、一人での生活に不安を感じる人が増加し入居型の高齢者福祉サービスも急速に増えており、特別養護老人ホーム、グループホーム、介護老人保健施設、有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅などその種類も様々です。



      ではこのように色々とある高齢者施設の中で自分にあったところを選ぶにはどうしたらよいでしょうか。



      第一にその高齢者施設の入居条件に合致するか否かをみることです。



      例えば特別養護老人ホームであれば原則、要介護度1以上の65歳以上の高齢者という基本的な条件のほかに「長期入院を必要としない」「伝染病などの疾患がない」といった条件が付けられています。



      また特別養護老人ホームが不足している現況においては、要介護度がもっと高くなければ入所が難しいという実態があります。

      第二に自分が望むサービスを受けることができるか否かを確認することです。



      例えば有料老人ホームは「介護付き」「住宅型」「健康型」と三種類ありそれぞれ特性が異なります。


      とりわけ「住宅型」では施設内に常時介護スタッフを置いていないところもあり、そのようなところでは介護が必要となった場合は外部業者のホームヘルプサービスなどを利用する必要があります。



      また「健康型」等ではスポーツジムが充実しているところもありますが、どのような設備が整っているのかは各施設によって様々です。



  • 関連リンク

    • 日本は世界随一の長寿社会ですが、長寿と日常生活を自分でできるということは同じではありません。手足や体は健康でも、運転免許を返上したら、日常の買い物が難しくなったり、二階への上り下りが負担になって、2階建ての1階部分だけで生活するようになることもあります。...

    • 高齢化が急速に進む中、高齢者施設は急増しており高齢者福祉に関するサービスは増えています。とりわけ自宅での介護が難しくなったり、一人での生活に不安を感じる人が増加し入居型の高齢者福祉サービスも急速に増えており、特別養護老人ホーム、グループホーム、介護老人保健施設、有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅などその種類も様々です。...