介護保険制度は平成12年4月から開始されています

介護保険制度は平成12年4月から開始されています

  • 介護保険制度は平成12年4月から開始されています

    • 日本では、平成12年4月から開始された、介護保険制度があります。

      これは、被保険者が住んでいる市区町村が運営を行って、都道府県と国がサポートしていくものです。


      国民は、40歳になると介護保険に加入することになります。この40歳以上の人が支払う保険料と、税金で運営されています。



      介護が必要となった高齢者本人や、その家族を社会全体で支えていくためにつくられた制度です。



      サービスを受けることができる対象者は、65歳以上の被保険者か、40歳〜64歳までの特定疾病がある人です。



      これらの対象者は、市区町村の窓口でサービスを受けるために必要な申請を行ないます。



      そして、要介護(要支援)認定を受けて、認定度が決まればサービスを受けることができるのです。


      認定度は、調査員がサービスを受ける被保険者の居住先に訪問して、身体の状態や日常生活などの聞き取りや調査を行うものです。
      この調査結果と、主治医の意見書とをあわせて、認定審査会が行われて認定度が決定することになります。



      サービスを実際に利用する場合には、ケアプランという計画を立てる必要があります。



      要支援と認定された人は、市区町村の地域包括支援センターが担当になり、ケアプランが作成されます。

      要介護と認定された人は、ケアマネジャーを選んでこれからの計画を立てていきます。



      サービスを利用したい場合には、被保険者の住んでいる市区町村の窓口で、相談して申請をするのがいいでしょう。



  • 関連リンク

    • 高齢社会の進展につれて、高年齢者や要介護者を対象にした介護施設や高齢者住宅が急増してまいりました。一口に高齢者施設と言っても、その種類は多岐にわたっています。...

    • 日本は世界随一の長寿社会ですが、長寿と日常生活を自分でできるということは同じではありません。手足や体は健康でも、運転免許を返上したら、日常の買い物が難しくなったり、二階への上り下りが負担になって、2階建ての1階部分だけで生活するようになることもあります。...